一般社団法人 三重県中小企業診断協会の紹介

一般社団法人 三重県中小企業診断協会 会長の井上俊一です。

 

三重県中小企業診断協会は、国家資格である「中小企業診断士」の組織団体として、設立以来50年以上にわたって、三重県内の小売業、卸売業、サービス業、製造業、建設業等いろいろな業種の中小企業の経営改革、診断、支援等にかかわってきました。

 

今後も中小企業の経営を支援する専門家集団として、公的な支援機関等と連携しながら、中小企業の発展のために支援に取り組んでいきます。



一般社団法人 三重県中小企業診断協会の沿革

2014年10月

創立50周年記念大会を開催。

2012年4月 

公益法人制度改革に伴い『一般社団法人 三重県中小企業診断協会』として発足。

2000年10月

支部創設35周年事業を開催。
1995年4月 支部創設30周年事業を開催。
1990年10月 第一回先進地視察旅行を実施。(北陸方面)支部ニュース「診断三重」発行。
1989年8月 支部創設25周年記念事業を実施。
1984年8月  支部創設20周年記念行事を実施。診断協会より診断士3次試験(実習)受託。
1979年5月 支部創設15周年事業を実施。記念講演の講師として、中小企業庁長官 左近友三郎氏を招聘。
1974年6月 支部創設10周年記念事業を実施
1964年6月  三重県中小企業商工診断協会を発展的に解消し、通産省の指定法人 中小企業診断協会の下部組織として『社団法人中小企業診断協会 三重県支部』が発足。  
1959年6月 三重県の診断指導行政に賛助協力するための機関として県内民間診断士12名が、三重県中小企業商工診断協会を創設。

一般社団法人 三重県中小企業診断協会 事務局

514-0004 三重県津市栄町1-891 三重県合同ビル5F

        TEL/FAX 059-246-5911

三重県庁の斜め前にある三重県合同ビル5F 三重県産業支援センター内にあります。